パラレルキャリアのロゴ

WordPressのエラーを修正する方法

2018.09.11
カテゴリー:Wordpress,ブログ
Error HTTP500

WordPressでエラーが出たら復元をしないで復帰する方法

 

さぁ、設定が終わったということで、日曜日の午後、一休みをしてから子供と遊んだあと自宅でWordpressを開いて見ると何と「このページは動作していません」と HTTP ERROR 500 とあり、管理画面(Admin画面)に移動出来なくなってしまいました。。。

Error HTTP500

 

うーん、CHROMEなので、SafariやFirefoxで開いてみたり、iPhoneとかでも立ち上げても同じエラーメッセージ。

iPhoneに至っては全く表示されません。。

 

 

これまでに学んだこと。 最後に更新した項目が不具合を起こしている

そうだ、最後にインストールしたのはプラグインだ、それを無効にすればいいんだ

この情報は私が借りているレンタルサーバーのロリポップのサポートに聞いて確認しました。

サポートの内容として

 

「もし、プラグインをインストールしたのが、最後の作業であればプラグインを無効にする方法がありますよ」

「プラグインのフォルダ名を変更すれば無効になります。」

 

ということで早速、フォルダをみて見ると更新した最終日のブラグインがいくつかあります。

どれが原因で不具合を起こしているのか実際に無効にしないと確認出来ないので、一つずつフォルダ名を変更しました。

 

Wordpress Plugin

 

ありました 「NextGEN-Gallery」です。 このプラグイン自体が悪いわけではなく

私自身がインストールしているプラグインとの相性が問題ではないかと考えています。

ですので、マニュアルにて削除

そうすることで、管理画面に入れなくなる不具合も解消しました

 

ロリポップのサポートの方。 ありがとうございました。

 

同じ不具合は結構あるようです。

結構同じようなお問い合わせがあるようなので、このページをみられた方で同じ不具合が発生した場合には是非、プラグインを無効にしてください!

 

私はバックアップサポートを利用しているので、こうなったら戻そうかなと考えました。

 

 

クリックをしようとした時にやっぱりサポートに確認してからにしようと思いとどまってよかったです。

復元してやり直せば良いかなとも思っていましたが、また同じ不具合が起きた時に改善できずに毎回復元してたらいつまで経ってもサイトの更新が出来なさそうでしたので。

それに時間は戻らないので、やり直す必要のないことはなるべく避ける習慣にしないといけないですね!

 

まとめ

とにかく、エラーがでたら最後に更新したと思われる項目を無効にしてみましょう。 私と同じように同じ日にたくさんのプラグインをインストール、編集した場合にはブラグインフォルダを無効にしてもいいかも知れません!

フォローお願いします!

 

Please Login to Comment.

 
PAGE TOP