iPhone XS Maxのカメラで写真と動画撮影方法

iPhone XS Maxの写真の画質はプロ並みに撮れます。 そして動画もかなりのクオリティで録画出来る!

TAKEYA

iPhoneXS Maxが家に届いて5日たったので、3連休の休みを使って撮影した写真と動画撮影を紹介しますね。

まずはスペック

ƒ/1.8広角レンズ

ƒ/2.4望遠レンズ

デュアルOIS光学式手ぶれ補正

4Kビデオ最大60fps

カメラの性能と価格はレンズで決まると言われています。

スマートフォンであるならどうしても小型にならざるを得ない状況でデュアルレンズにして小型でありながらもカメラメーカーで販売している製品にひけをとりません。

F値が1.8というのは簡単に言うと暗いところでも綺麗に撮影出来るという意味です!

こちらは曇り空の公園での撮影ですが、以前なら曇った天気ですと無理やりコントラストの調整をしていたのですが、iPhone XSではデフォルトの状態で撮影しています。

iPhone XS Maxで撮影した画像

 

上記はHEIC(High Efficiency Image File Format)という新しい画像フォーマットのため、Wordpressにアップロード出来ずにjpeg変換しています。

High Efficiency Image File Format (ハイ・エフィシエンシー・イメージ・ファイル・フォーマット、HEIF、ヒーフ) は、Moving Picture Experts Group (MPEG) によって開発され、 MPEG-HPart 12 (ISO/IEC 23008-12) で定義された画像ファイルフォーマットである。1枚の画像やイメージシーケンスに使用される。HEIF方式による画像ファイルにはheifやheicといった拡張子が使われる。

HEIFの仕様は、HEVCによってエンコードされたイントラ画像およびHEVCでエンコードされフレーム間予測が適用されたイメージシーケンスの格納方法も定義する。

HEIFはISOベースメディアファイルフォーマット (ISO/IEC 14496-12) と互換性があり、タイムドテキストやタイムドオーディオといった他のメディアストリームを含めることできる。

引用元: Wikipedia

続いて、動画撮影編です。

iPhone XS Maxの動画は4Kまでの録画が可能となっています。

設定できる値は次の6項目です。

ビデオ撮影

720p HD/30 fps (1分間 40MB)

1080p HD/30 fps (1分間 60MB デフォルト)

1080p HD/60 fps (1分間 90MB よりスムーズ)

4K/24 fps (1分間 135MB 映画スタイル)

4K/30 fps (1分間 170MB 高解像度)

4K/60 fps (1分間 400MB 高解像度、よりスムーズ)

デフォルトが1080pにも関わらず、なぜか初回に録画した設定が720pになっていました。。(気づかなかった。)

どのくらいの差があるのか、近日天気の良い時に同じ場所で撮影をしたいと思います。

今回はその720pで撮影した動画になります。DJI OSMO Mobile 2というジンバルにiPhoneをマウントして自転車に乗りながら撮影をしたものです。

[エントリーで全品ポイント5倍以上][あす楽対応] DJI OSMO Mobile 2 (オズモ モバイル) # OSMOM2 ディージェイアイ (カメラアクセサリー)

価格:16,800円
(2018/10/10 06:38時点)
感想(3件)

こちらも併せて購入しました。 机の上に置いて撮影したい時に便利です。

OSMO MOBILE 2 オスモモバイル2 ベース base アクセサリー 備品 スタビライザー スマホ iphone ビデオ カメラ 手ブレ補正 DJI GO PRO 国内正規品

価格:1,300円
(2018/10/10 06:41時点)
感想(0件)

 

初めての撮影でしたが手ブレがほとんどなくとても綺麗に撮影できました。

編集はFinalCut Pro Xを使っています。

今後はFinalCut Pro Xを使った制作方法の動画もこちらのチャンネルに更新してゆきますので、ぜひチャンネル登録お願いします!!!

iPhoneでの撮影は撮ったあとの工程がとても楽チン!

Air Dropが使えるようになってからMacから離れられなくなりました

 

本当に便利なAirDropはAppleデバイス製品であれば写真や動画だけでなく、書類などもなんでもファイル転送ができる便利な機能です!

AirDrop

 

 

 

 

 

 

 

DJI OSMO Mobile2 で撮影した動画もiPhoneに保存されるので、Macで編集するのもこのAirDropで簡単転送

まとめ

Apple 製品で手軽に動画撮影と編集が行えることを簡単にご説明しました。

Apple製品はAndroidやWIndows製品と比べて若干値段が高くなりますが、その分の作業効率を減らしてくれてクリエイティブな部分に時間を割けるような製品作りをしていると感じます。

Power Macintoch OS9の時代からApple製品を使い続けている私にとってApple製品はコンテンツを制作するのに最適なデバイスです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です