ライブ配信用ソフト OBS Studio 設定編

ライブストリーミング(配信用)のソフトはOBS Studioを利用しよう!

OBS Studioの概要

 

Fukuko

TAKEYAさん。 最近スマホから簡単にライブ配信できるようになりましたね〜

TAKEYA

うん、FacebookやTwitter、LINEではそのまま配信できるように「ライブ」のアイコンが投稿画面にあるよね。スマホから手軽に配信が出来るようになったよね。

Fukuko

TAKEYAさんのライブ配信は2画面や画面が切り替わったりしているのですが、スマホでできるのですか?

TAKEYA

いや、スマホではフェイスカメラしか使ったことがないので、2画面とかではなく、外出時になんとなくした配信くらいだね。 普段はOBS Studioというソフトを使っているんだ。 今日はOBS Stuidoの使い方をざっと紹介するね。

OBS Studio

ビデオ録画と生放送用の無料でオープンソースのソフトウェア。 Windows、Mac、Linuxですばやく簡単にダウンロードして配信を開始できます。 あなたのゲーム、芸術、エンターテイメントを世界と共有しましょう。

OBSのここがすごい

無料のソフトウェアながらも機能が充実しています

  1. 画面の切り替えがボタン一つ(クリック)でスムーズに場面転換出来る
  2. Twitter、Youtube、Facebookへのライブ配信が可能(同時に録画も出来る!)
  3. 画像マスキング、色補正、クロマキー/カラーキーなどの映像ソース用のフィルタを利用可能
  4. ノイズゲートやゲイン(音量)などのソースごとのフィルタを備えた音声ミキサー VSTプラグインのサポート!(後述)
  5. 数多くのソース(画像、映像、Webページ、ディスプレイ)を選択することが可能

OBSをインストールして設定をしてみよう

対応OSはMac、Windows、Linuxの3つのOS

以下のURLへ移動していただき、利用しているOSをクリックするとダウンロードが始まります。

https://obsproject.com/ja/download

OBS

2018年10月時点の最新バージョン

 

インストールが完了したらさっそく起動してみよう(私はMacユーザーなので、これからはMacOSでの画面でご紹介してゆきます)

設定ははじめにしておこう

設定ボタンをクリックします

テーマをお好みで変更できるので、変更した方が雰囲気が変わるのでオススメです!

 

一般画面の設定

それでは一般画面の設定項目を解説してゆきます

一般

一般

言語 日本語
テーマ お好み(TAKEYAはAcri (^^))
起動時に自動的に更新を確認する チェックを入れる
起動時に統計ダイアログを開く チェックを入れる

統計ダイアログとは起動時に以下のような画面が表示されてパソコンとOBSの状況が分かります。最近、音声が遅いとか、画面がカクカクしているなどの不調があった場合にはこのダイアログが何が原因かを表してくれます。

出力

出力

配信を開始する時に確認ダイアログを表示する チェックを入れる
配信が停止する時に確認ダイアログを表示する チェックを入れない
配信時に自動で録画 チェックを入れる(ライブ配信のみの方は入れない
配信が停止しても録画を継続 チェックを入れる(ライブ配信のみの方は入れない
配信時に自動的にリプレイバッファーを開始 何もしない
配信停止時にリプレイバッファーをアクティブにしておく 何もしない

確認ダイアログとは以下の画像のように開始(停止)しますかというポップアップが出るようにするか、しないかの設定。 開始時は確認のために必要ですが、停止時には例えばライブ配信で「それじゃあ、さようなら〜」といって停止ボタンを押しても「停止しますか?」というダイアログがでたらなんだかなという気持ちなので、私はオフにしています。

録画をしておくことをお勧めします。 例えばFacebookライブを行ったあとFacebook側ではアーカイブしますか?っていうメッセージがあるので、そのまま動画がFacebookのタイムラインに残りますが、Facebookにアップされている動画はダウンロード出来ません。

ですので、録画をしておくことで同じ内容(もしくは一部編集をして)YoutubeやTwitter(140秒までの制限あり)に再利用することができるので、HDDに余裕がある場合には保存をしておくことをおすすめします。

ソースの配置のスナップ

ソースの配置のスナップ

有効にする(スナップ感度) チェックを入れる (スナップ感度は12.0)
画面の端にソースをスナップする チェックを入れる
他のソースにソースをスナップする チェックを入れる
水平方向および垂直方向の中心にソースをスナップする チェックを入れない

スナップとは映像の場所を配置するときに正確に配置できるよう補助してくれる機能です。感度は12にしていますが、ここの設定は10にしても大きく変わらないので大丈夫です

 

プロジェクター

プロジェクター

プロジェクター上のカーソルを非表示にする チェックを入れない
プロジェクターを常に手前に表示させる チェックを入れない
終了時にプロジェクターを保存する チェックを入れない

プロジェクターは他のPCを画面表示させるもので、ゲーム配信をする人(サブPCを利用する)が使う場合にはチェックを入れた方が良いでしょう

システムトレイ

システムトレイ

有効にする チェックを入れる
起動時にシステムトレイを最小化 チェックを入れない
タスクバーの代わりにシステムトレイを常に最小化する チェックを入れない

システムトレイとはMacの場合、画面上部のメニューバーの右側に表示されるアイコンの位置を指します。 有効にするにチェックを入れておくとOBSのアイコンが表示されます。 システムトレイのアイコンをクリックするとOBSのウィンドウが画面に表示されたり、閉じたりと便利です

最小化にチェックを入れると起動時にOBSのウィンドウが表示されないので、よほどのことがない限りチェックを入れなくても良いかと。

スタジオモード

スタジオモード

ダブルクリックしたときにシーンに遷移(移り変わる) チェックを入れない
縦長/垂直レイアウトを有効にする チェックを入れない

スタジオモードとはOBSのウィンドウに待機中(次の画面)を表示させてトランジションを押すと切り替わる設定です。

垂直レイアウトは左右が上下に切り替わるので、ディスプレイを縦型に配置している人はチェックを入れても良いかと。それ以外はチェックは入れない

マルチビュー

マルチビュー

クリックするとシーンを切り替える チェックを入れる
シーン名を表示 チェックを入れる
安全領域を描画(EBU R95) チェックを入れる
マルチビューレイアウト 水平上側(8シーン)

マルチビューは複数のシーンを画面に表示させて待機状態のシーンを選択することが出来る機能です。今後複数の画面に切り替えることもあるので、全てにチェックを入れておきましょう

 

まとめ

OBSスタジオは設定をきちんとしておくことで、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です