ライブ配信用ソフト OBS Studio 出力、音声、映像編

出力の設定はパソコンのスペックによって変わってくる

Fukuko

TAKEYAさん。 ストリームキーを手に入れることが出来ましたが、配信中に音が小さいとか、カクカクしていると言われてしまいました。。何が原因ですか?

TAKEYA

出力の設定はパソコンのスペックに合わせて最適な配信方法を見つけるしかないかもしれないね。

今日は出力について少し解説してみるね。

Fukuko

はい、よろしくお願いします!

出力設定

出力モード

出力モードの設定は「詳細」を選択。基本だけでも充分ではありますが、レート制御などが不足しているので詳細を選択して各項目を設定しておきましょう。

配信

 

音声トラック 1
エンコーダ x264
ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用する チェックを入れる
出力をリスケールする チェック入れない
レート制御 CBR(固定ビットレート)
ビットレート 3000~5000 くらい

 

特定バッファサイスを使用 チェック無し
キーフレーム間隔(秒,0=自動) 0
CPU使用のプリセット(上に行くほど= CPU使用低い) slow
プロファイル 無し
チェーン 無し
x264 オプション(スペースで区切る) 無記入

 

レート制御の方式の解説

CBR 固定ビットレート方式(値が高いほど高画質)
メリット:ビットレートを高めの値に設定しておくことで高画質の動画を撮影出来、再生負荷が軽く、編集ソフトでの音ズレが少ない

デメリット:常に同じビットレートを消費し続けるので動きの少ないシーンでも使用容量が一定。(HDDの容量が少ない場合には不向き

ABR 平均ビットレート方式(値が高いほど高画質)
メリット:動きの多いシーンではビットレートを高めにして画質を維持し、動きの少ないシーンではビットレートを抑える方式、圧縮効率がCBRより良い
デメリット:ビットレートの可変が映像に追いつかずに画質が悪くなることがある(CPUスペックが低い場合には動きが遅くなる場合がある

VBR 可変ビットレート(値が高いほど高画質)
メリット:ビットレートを可変させるので圧縮効率が良い、各フレームに対してビットレートの上限設定までビットレートを割り振れるので画質の劣化が少ない。
デメリット:映像の情報量が最大ビットレートの設定値より多いと画質が悪くなる。再生負荷は重め(CPUスペックが低い場合には動きが遅くなる場合がある

CRF 品質基準ビットレート(値が低いほど高画質)
メリット:各フレームを一定の画質にするように処理するので画質が良い、動きの少ないシーンはビットレートを絞り圧縮率を高め動きが激しいシーンではビットレートを多めに割り振って画質をキープする
デメリット:再生負荷は重め(CPUスペックが低い場合には動きが遅くなる場合がある

ビットレートは高いほど綺麗に動画を配信します。

解像度 動画ビットレート範囲
2160p (4K), 60fps 3840 x 2160p 20,000 ~ 51,000 Kbps
2160p (4K), 30fps 3840 x 2160p 13,000 ~ 34,000 Kbps
1440p 60fps 2560 x 1440p 9,000 ~ 18,000 Kbps
1440p 30fps 2560 x 1440p 6,000 ~ 13,000 Kbps
1080p 60fps 1920 x 1080p 4,500 ~ 9,000 Kbps
1080p  1920 x 1080p 3,000 ~ 6,000 Kbps
720p, 60 fps 1280 x 720  2,250 ~ 6,000 Kbps
480p 854 x 480 500 ~ 2,000 Kbps
360p 640 x 360 400 ~ 1,000 Kbps
240p 426 x 240 300 ~ 700 Kbps

Youtubeのヘルプページを参照してます。

Fukuko

なるほど、CPUスペックによって画像と音声が合わなくなったり、画質が悪くなったりしていたんですね。そうなると、私はCBRにして再度試してみますね!

TAKEYA

そうだね。 コンテンツを配信する時のポイントはレート制御とビットレートを自身のパソコンのスペックに合わせる設定が必要なんだ。ABRとかはデスクトップでハイスペックのパソコンで長時間ライブ配信する時に向いている方式だね。 例えばゲーム配信する人なんかに向いているね。

それでは続いて他の設定も見ていこうね。

録画

種別 標準
録画のファイルのパス 任意の場所
スペースなしのファイル名を生成 チェック無し
録画フォーマット mp4
音声トラック 1
出力をリスケールする No
カスタムマルチプレクサーの設定 空白

 

レートの制御 CBR
ビットレート 2500
特定バッファサイスを使用 チェック無し
キーフレーム間隔(秒,0=自動) 0
CPU使用のプリセット(上に行くほど= CPU使用低い) slow(配信と同じに設定)
プロファイル 無し
チェーン 無し
x264 オプション(スペースで区切る) 空白

 

サンプリングレート(Hz)× ビット深度(bit)= ビットレート(bps)

48000Hz x 24bit = 2,304,000 bpsとなりビットレートは2500辺りを設定

音声

トラック1 〜 6 共通

音声ビットレート  AAC、MP3なら 128, 非圧縮 .wavファイルなら 256
名称 空白

 

リプレイバッファー

 

リプレイバッファーを有効にする 空白

*リプレイバッファーとはゲーム中継をする人には有効な機能で通常は録画をしていないのですが、決定的な瞬間があった時、ホットキーなどにリプレイバッファーをしておくことで、あらかじめ設定した秒数だけ戻って録画をしてくれる機能です。

音声設定

 

音声の設定は「ソース」にて設定を行うため、全体の設定はしません。*ここを設定するとループバックして音声が正常に配信できない場合もあります。

サンプリングレート 48kHz
チャンネル ステレオ
デスクトップ音声デバイス Disabled
デスクトップ音声デバイス2 Disabled
マイク音声デバイス Disabled
マイク音声デバイス2 Disabled
マイク音声デバイス3 Disabled
音声メーターの減衰率 中(タイプ| PPM)
ビークメーターの種類 サンプルピーク
音声入力キャプチャにてオーディオを作った場合 
プッシュ・ミュートを有効にする NO
プッシュ・ミュート遅延 0ms

 

映像設定

 

基本キャンバスはパソコンのディスプレイの解像度によって異なるので、本来なら大きくしても良いのだがソース画面が大きい場合には小さくすれば良いだけなので、よほどのことがない限り出力解像度と同じに設定をしておくと良い。

基本(キャンパス)解像度 1280 x 720
出力(スケーリング)解像度 1280 x 720
縮小フィルタ ランチョス(先鋭化スケーリング、32のサンプル)
FPS共通値 30

 

まとめ

今回は3つの設定を一度に紹介しましたが、この3つの設定がライブ配信をスムーズに行うために重要な設定です。

私も当初音声設定を設定画面で行なっていましたが、うまく再生してくれないなどの問題が多く悩んでいました。また、映像がスムーズに動いてくれないなどの問題も何度もあり、原因が分からなかった時期がありました。 パソコンのスペックによって設定は様々ですので、上記を参考にしていくつか数値を変えてみてご自身のパソコンに最適な設定を探してみてください。

また、再生しても音声が低いなどの問題があり、設定には苦労しましたがそれは次回にご紹介します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です