ライブ配信用ソフト OBS Studio 配信編

OBSの配信方法はストリームキーを入手することが必須です。

設定は簡単ですが、それぞれのSNSへの配信方法を解説

配信の設定はそれ自体は2つの項目しかないので難しいことはないのですが、ストリームキーを入手する方法を確認しておかないと配信までに時間がかかってしまいます。

配信種別

配信設定

配信種別 ストリーミングサービス
サービス Facebook, Twitter/Periscope, Youtube
すべてのサービスを表示 チェックを入れない
サーバー サービスにより異なる
ストリームキー サービス上から入手

サーバーは次のようになります。

Youtube Primary Youtube ingest server.
Twitter/Periscope Asia/Pacific Japan
Facebook Default

各SNSのストリームキー取得方法

Youtubeの場合

Youtubeの場合

  1. Youtube画面からライブ配信を選択
  2. 画面右下にある「エンコーダによるライブ配信」を選択
  3. 画面中央にあるストリーム名/キーをコピーする
  4. OBSにストリーム名/キーをペーストする
  5. OBSで配信を開始する
  6. Youtube画面でライブ状態を確認

Youtubeのライブ配信は初回設定に最大24時間かかりますので、ライブ配信には余裕をもって設定してください。

Twitter/Periscope

Twitter/Periscope

Twitterの場合、アプリケーションから直接ライブ配信をするにはスマートフォンのみに限定されていて、Mac/PC上で行う場合には、Periscopeというアプリケーションを介してストリームキーを取得する方法となります。

 

 

  1. Periscopeへ移動する
  2. ログインもしくは新規登録をする
  3. 新しいPeriscopeのアカウントを作成する
  4. ログイン画面でTwitterを設定する
  5. Twitterと連携するにチェックする
  6. 利用するアカウント名を確認する
  7. Producerを選択
  8. 新しいソースを作成をクリック
  9. ストリームキーをコピー
  10. OBSにペーストする
  11. OBS側の配信を開始する
  12. Periscopeにプレビューに表示されたのを確認したら「ライブ放送をする」で開始

Facebook

Facebookの場合

  1. Facebookのタイムライントップの「ライブ配信」をクリック
  2. ライブ配信の画面に移動したら「接続する」を選択
  3. ストリームキーをOBSにペーストして、配信を開始する
  4. Facebookページに戻り「ライブ配信を開始する」

Macの場合、FacebookライブはSafariには対応しておらず、Google Chromeで利用できます

まとめ

配信編は設定項目は少ないのですが、主要SNSからのストリームキーの取得に時間がかかる場合もあります。特にYoutubeは設定当日には配信ができない場合もありますので事前の設定、練習は必要です

FacebookにもTwitterにも同時配信したいというのは出来ないので、どちらのSNSもユーザーが異なるのであれば、そのユーザー目線でライブ配信を行いましょう!

OBSで配信と同時に録画もしておけば、Youtubeであれば配信した後にアップロード出来るので、Facebookでライブ配信して、Facebookの友達ではない人へはYoutubeから見ることが出来るといった方法もあります。

どのSNSもライブ配信後は自動的にアーカイブされます!

OBS Studio 設定編はこちら

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です